リキッドを補充して使うリキッドタイプ

電子タバコとして一般的なのが、中にリキッドを補充して使うリキッドタイプの電子タバコです。リキッドタイプの特徴はその柔軟性の高さで、自分で好きなリキッドを入れられるため、リキッドを混ぜて使うなどで自分好みのリキッド調合が可能です。また同じ電子タバコ愛好家同士で配合比やおすすめのリキッドの話などもしやすく、同好の士とも一緒に楽しみやすい物となっています。ただし吸い終わっても中のリキッドを入れておくボトル部分にはリキッドが残っているため、洗浄せずに別のリキッドを入れて吸うと味が混ざってしまいます。こまめな洗浄やメンテナンスが必要な点は少し手間がかかる面もありますが、手間がかかっても多様な味を楽しみたい人にはおすすめです。

カートリッジを交換するカートリッジタイプ

リキッドタイプに次ぐ人気を誇るのがこのカートリッジタイプです。リキッドタイプのように複数の味を混ぜたりといった柔軟性はありませんが、吸い終わったら古いカートリッジを新しい物と付け替えるだけで手間なく吸えるので利便性が高いアイテムです。またボトルとなるカートリッジ部分を取り替えてしまうために本体が汚れにくく、こまめなメンテナンスが必要ありません。メンテナンスの手間が面倒であったり、吸いたいフレーバーがハッキリしていて調合などはしない場合はこのカートリッジタイプの方が良いと言えるでしょう。

吸い切ったら新しい物と取り替える使い捨てタイプ

個包装されており、吸い切ったらまるごと捨ててしまえるのが使い捨てタイプです。吸い終わったら捨てるのでメンテナンスなどは一切必要なく、また本体も簡略化されて安価になっているためお試しで電子タバコを試してみたいという人におすすめです。

ニコチンリキッドの個人輸入はすでにフレーバーが付いているものとそうでないものがあるので、目的に応じて選びましょう。