電子タバコでニコチンを吸うには

従来の紙巻たばこから電子タバコに乗り換えたいと考える際に「ニコチンは吸えるのか?」というのが一番に気になってしまう人も少なくありません。ニコチンは中毒性がありますし、仮にニコチンをやめるために電子タバコに切り替えようと思ってもいきなりゼロにしてしまっては、禁断症状が押さえられなくなってしまう危険性があります。そのため電子タバコで多少なりともニコチンが吸えるのかどうかは重要なポイントと言えるでしょう。

しかしここで問題となるのが日本の薬事法です。実はニコチンは劇薬なので、リキッドの形で売ることは日本国内では禁止されているのです。一見電子タバコではニコチンは吸えないという結論に至ってしまうところですが、実はニコチン入りリキッドを手に入れる方法が他にあります。それが個人輸入で購入する方法です。海外からニコチンの入ったリキッドを個人輸入で購入することは可能なので、専門の通販サイトを使って輸入購入することでニコチンを吸うことができるでしょう。

電子タバコを使って徐々に禁煙する方法

電子タバコはいわゆるニコチンを辞めるという意味での「禁煙」に適したアイテムとされています。その理由はリキッドを自分で調節できる点にあります。最初はニコチンリキッドをそのままの量で吸うようにしてまず電子タバコの感覚に慣れたら、徐々にニコチンリキッドを他のリキッドなどで薄めて、1回あたりのニコチン摂取量を減らすようにするのです。こうすることで徐々にニコチンが少なくても良い状態に慣れていき、最終的にはニコチン禁煙が可能になります。

vapeのタバコフレーバーにはニコチンが含まれているものもありますが、量は選べるので段階的に禁煙したい人にも向いています。