壁面緑化をするメリット

壁面緑化には壁を緑で覆って美しい外観を得られるというもの以外にも数多くメリットがあります。その中でも特に大きなものが、直射日光を防ぐことによる室内温度の低下です。壁面緑化は基本的に外観の日光の当たる面に施工することが多いですが、いつもは日光で壁が熱されて室内にまで熱が及んでしまうところを、植物が防いでくれるので遥かに室内気温が低く保たれるようになります。また、日光に含まれる紫外線は建物の壁を劣化させますが、壁面緑化でそれを防ぐことで建物の耐用年数も長持ちする可能性があるでしょう。他にも、植物は水蒸気を発生させるため気化熱によって周囲の温度を下げてくれるので、ただの日陰よりもずっと涼しくなるのです。さらに、夏だけに限らず、冬にも植物から出る水蒸気が過度な乾燥を防いでくれるため、一年を通して多くのメリットを与えてくれるでしょう。

壁面緑化でのデメリット

一見メリットばかりの壁面緑化ですが、幾つかのデメリットや注意点が存在します。まず、壁面緑化にはコストがかかるという点は意識しておくべきでしょう。導入のために植物購入費用や、植物が病気になってしまった時の対策費用がかかります。普段からの水やりも欠かせないため、どうしても手間がかかってしまう面もあります。また、建物の一面を覆うような大規模な壁面緑化の場合は植物の重量もそれ相応に大きなものとなるため、植物の重量を支えられるように建物の持つ構造強度を上げなければならないケースもあります。様々なメリットはあるものの、それを維持するためのコストや労力は決して少なくないため、導入は慎重に検討した上で行う必要があるでしょう。

建物の壁をつる性の植物等で覆うことを壁面緑化と言います。室内への熱の流入や周辺への熱の反射を軽減できます。また、緑を見ることにより人が安らぎを得ることにも効果があります。